朝日のやうにさわやかに。

自分が忘れない様に

スタートライン

「なんだかすごく、泣きたい気分だ」
ここ数日、憂鬱とした日々が続いた
特に何かあるわけじゃない

ただ心に余裕がなく、ゆとりがなかった

それはいつもだろう?と言われれば
確かにそうなのだが
この数日は久々にやられた。

2、3日前のこと
旦那とスーパーに買い物に行っていた
私は近所のスーパーに行く時、基本すっぴんだ。そして寝巻きである
今思い返せば「普段そんなズボラな格好をするお前がいけないんだろう」と思うのだが、その時はそれどころではなかった

寝巻きですっぴんの私と旦那
いつも夜、12時過ぎに買い物に行くのであまり知り合いに会うこともない
会うことを予想、想定していない
だからラフすぎる格好でいるのだ

それが今回の敗因だった

ばったり、旦那の旧友と出会してしまったのだ
私は状況が掴めてない
ただパニックになった
隣で旦那はその人と淡々と会話をしていた
遠いからなのか、パニックになっているからなのかどちらなのかは分からないが、
何を喋っているか聞き取ることはできなかった。

買い物が終わり車に戻ると
「ねえ、何、どういうこと?あれ誰?」
などと問い詰めてしまった
問い詰めるというかほとんど八つ当たりに近い

無理だなと思った

自分は容姿が悪い
自信が無いのもあるが、普通にブサイクで太っている。幼少期の頃からずっと「デブ」「ブス」などと永遠に言われ続けてきた
家族に「可愛いねえ」などと言われて育った記憶もない
私は自尊心が低く自己肯定感も薄い
化粧を覚えたのはここ1年の話だけど、覚えてからは外出する際化粧をしないと外に出られなくなってしまった(近所のスーパー、コンビニなどは除く)。

そんな私が知り合いにあってしまった
私の知り合いではないが、旦那の旧友
「ブスな女連れてるな」とか思われただろうか
ブスなのにと、考えを腐るほど巡らせた

旦那は「俺は可愛いと思うのに」なんていう
そういう話をしてるんじゃない

そして結局自分が認められないと無意味なのだ
自分自身で納得しないと意味がなかった

昔よりマシになったとはいえ、
やっぱりこういうのは響く
自分がどれだけブサイクなのか
醜い容姿をしているか
そこから派生し、悪い考えばかり巡らせる
結論、死にたくなる

悪い癖だと思う
けど治しようもなく気付けばこうなっていた

台風も過ぎ去ってる最中
天気のせいか体調も悪い

せめて顔が可愛ければ、人生もう少し上手くいったのかな
なんて思う

誰しも、思ったりすることだとは思う
けどやっぱりブサイクは更に強く思うとおもう
人生リセットボタンが欲しいものだな

この件じゃなくともそんなことはいつだって思うものだけど

明日は良い日になることを祈って