朝日のやうにさわやかに。

自分が忘れない様に

なんとでも言える世界が嫌だ

「限界を信じて疑わない

   すべて必ず終わりが来ます

   よかった じゃあこの気持ちにも

   いつか終わりが来るんだね」


RADWIMPSの37458という曲の歌詞


この曲はすごい好きだ

アルトコロニーの定理自体、すごく好きなんだけど

やっぱり良い

この頃のRADWIMPSが好きだ


今、ある知り合いに私は相談を受けている

いや、あれはもう相談ではないかもしれない

「私は死ぬので、最後にあなたにできることは?」

こんな話。


死にたいと常々口にする人間が言うことではないけれど、やはり知人には死んでほしくないものだ。


純粋に悲しいと思うし、嫌だ


私は無力で何にも出来ない

何かしてあげられないかなと思うけど

きっと何もできることはないんだろう。


少し前に違う子がなくなって(死因不明)、最近では友達が自殺未遂を図った。


どうしてだろう。どうして


私は無力だ、こうなると何にもできない

どれだけ好きでいたってその人が決断するともう遅い


未遂した子にはかなりフォローを入れた

お願い生きて、と

そして、今話をしてる子も

生きて欲しい。


私も人に言えないけど

人生はクソだし、自分は駄目人間で価値がなく、本当に、本当にダメだ

私よりダメな人間なんて、本当にいないと思う

どうか生きて、それでも


いつか誰かがこれを読んで

死にたいと思っていたら、生きてと伝えたい


幸せに、なりたいよみんな

平等なんて言葉は嘘でそんなものない

努力をしても報われない人もいる

私たちは非力で、どうしようもない


けど、好きな人には生きて欲しい


どうしたらいい?