朝日のやうにさわやかに。

自分が忘れない様に

さよなら、おやすみ、また明日、それじゃあね。

ELLEGARDENが10年ぶりにツアーを開催。

この文字を見たときに発狂した。


ツイッターでフォロワーが呟いていて

またたまにあるやつなのかと思った。

「はぁ〜?ソースどこだよ」

そんなドキドキしながら調べたら

ナタリーやロッキンオンの記事があって

本当だってわかった。


HPにも書いてあって、アー写も新しくあって、「あぁ、復活するんだ」って思った。


私は98年生まれ。早生まれなので97年組になるのだが(今年21歳の代)、エルレを知ったのは小6(11歳くらい)の頃だった。当時好きだった人(今の旦那)がエルレを聴いててオススメされたので聴いた。

その時はガラケーで音楽とかもデジタルでは手軽に聞けなかった。だからオススメされたとはいえ聴いたこともないバンド、好きな人に勧められたって理由でベストアルバムを買った。

そう、その頃にはもう活休していた。


活休して丁度一年とか経っていた。

「えー、活休してるんだ」

なんて思っていた。小学校六年生、その時は活休とか解散とかバンドのことよくわかっていなかったし「ふーん」って感じだった。


けれど、聞けば聞くほどカッコよく好きになってく。ベストアルバムが初めて買ったエルレのCDなので必然的に初めて聴いた曲はMy Favorite Song。英語とかはそんなにわからないがキャッチーでカッコよくて寝るときによく聴いてた(寝る時かよって感じだけど)。


年々聴くバンドは増えていった

エルレを知った次の年、the HIATUSのinsomniaが出た。CDを買った記憶があるし、mステでトップ10のランキングにのってて興奮した記憶がある。

最初の頃はまだ今みたいにハイエイタスの音楽を確立してる感じはなかったように思える。

でも、細美武士がやってるバンドに変わりはないのだが、違った。胸にこなかった。

CDを同じように買って聞いたけど、ビビッとこなくて結局ハイエイタスは未だにあまり知らない。


ツイッターなんかをちゃんとやり始めたのは中3の終わり。15歳の頃

色んな人とインターネットで関わりが持てる時代。エルレガーデンが好きな人は沢山いた。活休してその時点で5年が経っていたが、どんな音楽を聴く人もエルレが好きだった。

みんなで「いつ復活するん?」「いや〜もうないっしょw」とか話してた。ネタにしあった。


少ししてMONOEYESが出てきた。細美武士の新しいバンド。

それを聞いた時「ELLEGARDEN。」って思った。どこか懐かしくて嬉しかったのと同時に「本当にもうELLEGARDENは復活しないんじゃないか」って絶望感に満たされた。

Get upなんかすごいそれっぽい。エルレっぽい。変な言い方になるが、MONOEYESエルレガーデンを求めてる自分がいる感じがした。ひどい話だ


ちなみにMONOEYESのチケットは取れなかった。


今回のツアー、活休前から聴いてた人たち、見てた人たちからしたら本当に発狂ものだろう。ツイッターで「本当に好きな人に行って欲しい」なんで流れてきてたんだけど、その中に私はいるのかわからない。

ただ、本当に嬉しかった。この時がくるなんて思っても見なかった。エルレガーデンを生で見れる時が来るなんて。チケット取れるかわかんないけど。


おかえり。