朝日のやうにさわやかに。

自分が忘れない様に

普通の生活

一階から怒鳴り声と、大きな物音がしていた

「そんなの八つ当たりと一緒だ」「いじめと何ら変わりない」と言う言葉が聞こえてきた


何の話なのかもわからないし

何に怒ってるのかも


でも怒ってる本人も八つ当たりをしているように聞こえる


私にもし子供がいたら

出来るだけ感情に左右されたくない

あくまで平常心で

叱ることは大事だけど感情的になってはいけないと思うし、当たり散らすのもきっと違う。


私は私の理想像がある


私は私の思う大人になりたい

気付いたらもうすぐで二十歳


一般的には大人だと言われる歳になる

でも大人の基準って難しい


私も昔はこのくらいの歳になれば

もう大人なんだと勝手に思っていた

でも実際になってみればまだまだ子供で

「私はこのままでいいの?」なんて、いつも思う


自立したい自立したいなんて思っても

まともに働けやしない


旦那様のおかげで私は何とか生きている


最近前に比べたら生きるのが辛くない

なんて幸せなことだろうと思う

と同時に私は怖くなる


「つらい」「苦しい」「死んでしまいたい」

なんて思って生きてることの方が長かったものだから、そんな"つらくない状況"になれていない


そしてまたつらくなるときがくると思うと

すごく怖い


でも最近はそんなことを考える暇もなくて

自分どうしたの?なんて、思ったりもする


もう今月も半分

こっちはまだ暖かいよ