朝日のやうにさわやかに。

自分が忘れない様に

あたりまえの話

人間とは面倒臭い生き物だなと思う

なんで生きていくだけでこんなにもお金がかかるのか

それだけじゃない

死んでも金がかかる


なんでだよ、

つっこみたくなる


つくづく私は面倒臭い生き物に産まれてしまったんだなとおもう


だけどどうしようもない

どうして言葉を喋れて

感情を持ち

三大欲求だけでは飽き足らず

いろんなものに手が伸びてしまうのか


贅沢な生き物


私がただの動物なら

例えばその辺にいる野良猫

こんな悩み、いらないだろう

虫でもいい

蟻とか


潰されて死ぬ運命でも、こんなことで悩むことはないし

ただひたすらに働くだけだ


どうして私はまともに人間関係を維持できず

「精神が不安定で」などと言い訳をつき

まともに働くこともできず

毎日毎日毎日毎日

鬱に浸りながら

日々を過ごしているんだろうか


そこになんの意味があるんだろうか


「なんのために生まれてきた」とか

「なんで生きている」とか

よく聞く言葉

私もよく思う


そんな、無意味な生活

どうして意味もなく永遠と送れるのだろう


まともな学生時代を送れていたら

今こうなってはいない

きっと

まだ少しはマシだったと思う


きっと今頃就職やら大学生やらを満喫できていたんじゃないかと思う


でも意味がないのだ

過去を振り返って

「ああしていれば」「こうできていれば」

なんて考え

「そうしたら今はもっとマシだった」「未来は明るい」などと考えても


私にはもう今あるものしかないのだ

今手に抱えてるもの、今私が持ってるものが全てなのだ


悲しい

過去を振り返ったところで今までは変わらない


私はよく

「タイムマシンがあれば」と考え、一人妄想に暮れる

あの時に戻ってああしてこうして

考えるのは楽しい

でも、虚しい


そりゃそうだ

考えても戻ってきたらこの現実なんだから


努力しても報われないことってきっとあるよね

大した努力をしたわけじゃないけど

マイナスからのスタート

周りと見て、どう考えても不利な状態

「これは無理だ」とおもう

努力するように心がけてもどうにもならないことってあるよね

人間関係とかお金とか

もうどうしようもないよね


自分だけじゃどうにもならない


考えるだけで疲れる


ので

私はそろそろ寝ます