朝日のやうにさわやかに。

自分が忘れない様に

未練

この間、旦那とでかけて寿司を食べに行った。

その日はそれだけじゃなくて

一緒に好きなアニメもみた

 

一言でいうなら

そう、幸せだった

 

でもなぜだかまた私という生き物は

すぐにそんなことを忘れるかのように

辛いことで頭がいっぱいになる

 

ちょうど一ヶ月くらい前だろうか

二人のとても大事な友人に縁を切られてしまって

そのうちの一人は切られたというか

もう完全に無視でしかないのだが

とにかくこの二人に切られてしまった

とても大きなことだった

 

何かあるたびに彼と彼女のことを思い出す

 

その縁を切られた友人の共通の友達がいるんだけど

今年は一緒にお誕生日をお祝いするらしい

その子誕生日は9月6日

ちなみにもう一人の子(無視されてる子)は7月24日だった

「おめでとう」とLINEでメッセージを送ったが

案の定無視されてしまった

 

彼の誕生日は9月6日

祝うはずだった

今年のスケジュール帳にもちゃんとかいていた

二人の誕生日を

 

大体何をあげるかってのは考えていて

喜ぶ姿を想像して楽しんでいた

でも

今年は祝えない

 

どうでもいいことだが去年の誕生日

彼女にはピアス、彼にはアイドルの写真集をあげた

でも二人から私宛に誕生日プレゼントはなかった

 

別に見返りがほしいとかそういうわけではないのだが

単純に

二人もお互いにあげているのに

私にはないことが

悲しかった

直接会って祝われることが

羨ましかった

 

その共通の子も、彼にはあげるけど

私にはない

何かプレゼントがほしいとかそういうんじゃなくて

ただただ悲しかった

皆はお互いに祝いあって楽しそうで

でも私はその中に入れないのかと思うと

どうして、と

 

友達って

なんなんだろうって

誕生日というものがものすごく憎たらしく感じた

 

私は親からの誕生日プレゼントだとか

友達からの誕生日プレゼントだとか

あまりもらってこなかったタイプの人間だから

そういうことをしていて、みんなが、

皆の輪の中に入りたくて

入れなくて

どうしてって

 

私が死んでしまっても彼女と彼は何も思わないかな

あんなやつ死んでよかった、なんて思われるかもしれない

悲しい

 

どっちにしろ

もうきっと戻れないのはわかってる

それでも人生の半分以上その子たちと過ごしてきたから

また仲良くできたらと考えてしまうよ

ユメ射す明日へ

でんぱ組.incの紫

最上もが、脱退


どうしても受け入れられない現実


でんぱ組.incは解散するわけではありません、どうか彼女たちをよろしくお願いします。」じゃないのだ。


6人ででんぱ組.incだった

私の中でも、きっとみんなの中でも


ライブで「以上6人とここの会場にいるみんなででんぱ組.incです」と毎回言うじゃない


もがちゃんは前に

「自分以外の誰かが抜けたら僕も抜ける」みたいなこと言っていた

6人じゃなきゃでんぱ組.incじゃないから、じゃないの?

違うの?


もがちゃんにリプライを送ったりしてる人みたいに

「悲しいけどこれからも応援してます!」

「いつでも帰ってきていいよ!」

「仕方ないね」


とかそんなこと、思えないし言えない


これから新しい子が入っても受け入れられる自信なんてないしそれこそ私はでんぱ組.incから離れてしまうと思う


私はねむ推しではあるけれど

でんぱ組.inc全員が好きなのだ


6人揃ってでんぱ組.incなのだ


もがちゃんの脱退は、辛い

ただただ辛い


穴が開いたみたいで

受け入れるのは時間がかかりそうです



鮮やかに変われ

変化を望む

私は変化を求めてる

きっとそれもあって東京に出た

けれど戻ってきてしまった


結局何も変わらない


何か変えたい

でも何か変えるには自分が動かなくちゃいけない

けど動けるだけの

行動力、勇気、お金、何もかも足りない

持ち合わせていない

一人じゃ何もできない


だからきっと

あの子たちは私の前からいなくなったんだろう


私が変わらないから


じゃあどうしたらいい?

どうすればいい

おなじ

昨日はいつの間にか寝ていた

気づけば朝になっていた


彼とセックスした後ものすごい睡魔に襲われ

その後シャワーを浴びてゲームをしていたけど

ゲームをしながら寝てしまっていた


起きたら昼の1時半


「あら?いつ寝たんだ」


彼は横でスヤスヤ寝ている

こんな些細な幸せを幸せだと思えるうちに噛み締めておこう


彼を起こす

「起きて、準備して」


仕事に行く準備だ


彼の話によると私はすぐ寝たらしく

彼は私が寝てから1時間半もゲームを続けていたみたい


お皿を洗って、ご飯を作って、お米を炊く

アニメを見ながらご飯を食べる

食べ終わり、片して、


「いってきます」


いつも、行ってらっしゃいと行ってきます

頬と口に何度かキスをして見送る


もう習慣づけられている


彼は仕事へ行く

私は家で帰りを待つ


明日は彼の休みだ


準備しなくちゃ


長い長い、愚痴

戦いが終わった

 

以前記事にも書いた気がするが

私の旦那の元恋人のことである。

 

話はこうだ

 

元カノが私の旦那と付き合ってる時に忘れていった

旦那からプレゼントでもらったギターと加湿器か何かのコード

それを取りたいがために頻繁に連絡をしていた

 

私の旦那はものすごく面倒くさがりである

 

それゆえ元カノの連絡を無視していた

 

その結果元カノが週に一度のペースで電話してきたりするようになった(3月頃の話)

 

最近になってまた連絡をしてきた

「返して」と。

 

だが私は彼にその元恋人である人物とは会って欲しくなかった

当たり前の話だ

だから郵送でという話だったのだが

相手が「お金かかるし郵送とかバカバカしい(笑)」なんてことを言い放ったのだ

 

私からしたら正直いって信じられなかった

 

頼んでいるのはそちらの方であるし

ましてや三年ものあいだ放置をしていたのは誰だ?

(相手によると家に置くスペースがないから一人暮らしするまでの間おいていてという話をしていたそうだ)

 

また面倒な事柄は避けたい

それこそ馬鹿馬鹿しいのだがこちらで送料を持つことにした。

 

そういった話を彼女宛にメールした

 

「初めまして、○○の妻です。」

 

そう言って私はメールを送った

あなたが何度も連絡してくることによって私のメンタルはいつもしんどかった、

どうして彼にもあなたにも恋人がいるはずなのに何度も連絡をしてくるのか、

頼んでいるのはそちらのほうなのに「バカバカしい」とはどういうことなのか、

この件が終わったらもう彼とは関わらないでほしい、と。

 

できるだけ短く、でも伝えたいことは話して、きちんと丁寧な言葉で。

 

でも相手からこう返事がきた

「腑に落ちない点がいくつかあるので、一度電話で話しませんか?」と

 

しかし彼は私と彼女が直接話すことを躊躇われた

だから断った

でも電話がかかってきた

 

彼女の話によると

「最初はこうだったんです。直接会って渡そう、でも彼女が嫌がっているからそういうていで話を合わせてくれ。でも彼は連絡をよこさなかった。だから私は何度も連絡をした、放置していたというけれど荷物を置く場所がないので預かっててくれと話した。彼は「はい」と答えた。だから私は悪くないですよね?全部彼が悪いですよね?」

簡潔にするとこういった感じだ

 

彼が私に隠れて彼女に会おうとしていたかどうかはこの際どうでもいい

実際問題会っていない口ぶりだったから会っていないならそれが本当でも嘘でも

この際どうでもいい

 

でも問題は彼女が自分自身のことを1mmたりとも悪いと思っていないところだ

そして「悪いのはそっちですよね?100%彼が悪いですよね?」と

彼女は言い切った

別に私は彼女が100%悪いとも思っていないし彼にも思っていない

どちらにも悪いところはあった

 

彼女は本当に自分自身のことを悪いと思っていなかった

私のことを喧嘩腰だとか言ってきていたが一番喧嘩腰だったのは彼女の方だった

 

彼女と電話とメールのやり取りをして思ったことは

阿呆だということ。

私は出来るだけ丁寧な口調で話し、文を打ち、でも言いたいことは伝えた

でも彼女には読解力というものがほぼなかった

私からしたら当たり前である丁寧な口調も相手からしたらただの「堅苦しい言葉」でしかなく、

「わかりづらい言葉」でしかなかったのだ。

 

でも私は思う

初対面相手の人に

「なんかごめんね~(笑)」

などと言うような人間ならなくてよかったと

 

『私の怒りが相手に伝わっていない

だからきっと私はずっとこのことでモヤモヤしているんだ』

 

そう思って私は彼女に直接メールをしたのだが

全くもって意味をなさなかった

彼女には怒りなんてものは一切伝わらなかった

きっと「ただの面倒くさい人」もしくは事柄で終わっているだろう

でも話して良かったと思う

 

ある意味自信が持てた

相手にする必要なんてないことが今頃になってようやくわかった

まあでも苦しむことは今後もあるとは思う

 

ただやっぱりムカつくね

昔の女に私の旦那を悪く言われるのは

何様なんだという話だ

 

昨日彼女にギターとコードをちゃんと送りつけたので

もうこの件はおしまい

めでたしめでたし

 

だといいな。

 

ちなみに彼女のギターずっと放置であったからネックなんかはそって大変なことになっているだろう

まあ本人は気にしないだろうしどうでもいいことだろうね

チューナーさえ持っていない人だったみたいだから

 

私はこんなふうにしか発散できないし

私も私でゴミみたいな人間だな

 

 

マリーゴールド

嫌いな人

嫌いな人はいますか


私は基本的には嫌いな人はいなくて

苦手な人がいるくらい


ただ一つ無理なのが

恋人の元カノ


別に今の恋人の、っていうか

昔からそう

そしてそれは歳を重ねるごとに

強くなっていく


私は今の恋人、旦那が初恋の人でした

前の記事にも書いたけどすごく長い片想いで

でもつい最近実っただけで

今までずっと枯れていた


だから、今の人の話はよりキツイのか

心底辛くて

でもそんな自分がたまらなく嫌になるし

気持ち悪いと思う


そしてまた自己嫌悪を繰り返しては

ダメになってく


私の旦那には付き合ってた人が10人いるかいないか

でもちゃんと付き合っていたのは2人

ちゃんとっていうか、長く付き合ってた人?セックスしたことがある人


そして付き合って5日で亡くなった人が1人


私はこの3人を、どうしても好きにはなれない


最初の1人(Kさん)。この人は私が片想いしていたのに横取りしてった張本人である(横取りなどと書いてあるが、私が片想いしてて告白せずにいたら気づいたら彼女が出来てたみたいな、そんなの。)

横取りされたが故に、当時の記憶も鮮明にあるためすごくムカついてしまう


そして2人目(Sさん)。この人はここ最近ずっと悩まされている。本当に胃がムカムカするし心臓に悪い。三年ほど付き合っていたらしい。その間に付き合ったり別れたりを繰り返したみたいで、(全部あっちから)最後の別れは「他の人とも付き合ってみたい。違う恋愛がしてみたい」なんて理由でフラれたそうだ。


どんな理由だよ


そしてTさん

私と付き合う前に付き合っていた方

病気で亡くなったらしい

付き合って5日

めちゃくちゃ泣いた、らしい


でも、私は嫉妬してしまう

こんなのでも嫉妬してしまう


私の持ってないものを持ってる

私が出来なかったことをしている

そんな彼女らは

みんな妬ましい


嫌いだ


そして自分も


元カノの記憶がなくなるか

最初から全てやり直す

または、存在がなくなってほしい


死んだって憎いものは憎い

嫌いなものは嫌い

好きな人の好きな人を愛せるわけなかった


一番になりたかった

「今付き合ってるからいいじゃん」「もう終わったこと」なんてよく言われるけどそうじゃない


全部欲しいのだ


過去を知ってるから

昔から知ってる人だからこそ

あなたの昔も欲しい

全部私ならいいのに、と思う


まぁ無理なんだけど、ね。


欲が深い、本当に

私がもっと可愛ければよかったのか、とか

年が近ければ?とか

たくさん考えた


ももう昔のこと

その時もそんなことを考えてたけど

行動しなかったのは私


いや、行動したけど

その時の彼は私の気持ちに応えられなかった


それが全てを物語っている


また線が増えそうだ


一年ぶり

7月21日

とうとうスプラトゥーン2の発売日


23時半に家を出て予約していたゲオまで歩く

0時少し前について、周りを見たら

スプラトゥーン目当ての人が割と多い

そりゃそうか。


wiiUでもスプラトゥーンをやっていた私

というか、人生で初めてハマったゲームと言っても過言ではない


私は四人兄妹、末っ子。と言っても兄と暮らしていた時期なんてほとんどないし長男との関わりが一番あるけど長男との年の差は8歳。


長男のゲームでマリオとかスマブラとかグラセフやったことあるくらい。(幼稚園の頃とかはストファイとか桃鉄も家にあった気がする)


でも兄は長男ってのもあるのか

ゲームボーイカラーゲームボーイアドバンススーファミ、64など色々持ってた

それに比べて私はクリスマスにDSが欲しいと頼んでもリカちゃん人形しか来なかった。(てかクリスマスに何か頼んで目当てのものが来たことがないってか、クリスマスに何か来たことあるの2回くらいだ)


なのでゲームはあんまりして来なかった

中学の時にゲーセンで初音ミクのDIVAやらjubeatやら。音ゲーばかりだった


神奈川に住んでいた頃、当時付き合っていた恋人はゲームが好きだった。一人っ子ってのもあってかゲームがたくさんあった。そりゃもうたくさん


だから、一緒にキンハーやったりスマブラしたり、少しゲームに触れる機会が16歳とかになってやっと増えた。

その元恋人の友達の家に行った時、その友達がスプラトゥーンをやっていた。

なんだかすごく面白そうなのでやらせてもらった


これがびっくりするんだが、めちゃくちゃ面白い

友達の家でやりまんまとハマってしまった私はwiiUスプラトゥーンを購入

それから約一年間は飽きず懲りず毎日スプラトゥーン


それから沖縄に帰って来てスプラトゥーンとも縁がなくなったのだが、switchの発売

そしてスプラトゥーン2


心が躍る

もう大変だった

今月の楽しみは婚姻届を出すこととスプラトゥーンにかかっていた


発売日から二日経ったが時間が足りないし、それより何より自分の体力が足りない

腰が痛いし目は疲れるし腕は痛い

これが老いなのか

ゲームを何時間もぶっ通しできなくなってきてる


だけど待ちに待ったスプラトゥーン

やるっきゃないでしょ


あと二年くらいはゲームに困らなくなりました

(おかげでデレステ出来ないよ)