朝日のやうにさわやかに。

自分が忘れない様に

生き急ぐな

何かに追われているわけじゃない

けど、動きたくなる

どうにかしなきゃと思う


うずうずしている


働かなくてもいいなら

そのままでもいいのかもしれないんだけど

でも何か苦しくて罪悪感に押しつぶされそうで

働かないで食う飯はまずくはないけど

たまに嫌になる


ごめんなさいという気持ちに

いつかの呪い

だいぶマシになった、私のコンプレックス

昔はひどかった

とっても、ひどかった


周りにブス、デブ、キモい、しね、なんて言われてたら流石に誰だって


恋人が出来たりして

「可愛い」とか「好き」とか言われたりして

慣れてないものだから

嬉しいけど動揺して


でも、そうやって甘えさせてくれる人に

ずっと甘えて来た

友達では恥ずかしいしそういうキャラじゃない

だからこそ私はきっとリアルから恋人が作れなかったんだろう


ネットなら色んなことを偽れる

本当の私を隠せる

けど本当の私を出すこともできる



まだ若かったし(今も十分若いんだけど)

初恋の人に振られたあとなんて

もう自分のことを大切にすることなんて

出来ていなかった気がする


ショックだった

だから、ほかの人が優しくしたら私はきっとダメだった

傷を癒したかった


でも傷は深くなっていった


彼の気を引こうと

援助交際やらリストカットをしたって

意味がなかった


結局その沼に私はハマってしまった


遅かった


そこで満たされるものがあった

それ以上に削られるものもたくさんあった


だからその時付き合ってた人の言うことはなんだって聞いていた。

奴隷みたいだった。

そんなに好きじゃないセックスも相手がしたがるがしていた。

別れた後に「1回でいいから」と声をかけた元カレにだって、簡単に許した


きっとその時はどうでもよかった

世界が、自分が、どうでもよかった

なんでもよかった


いつだって承認欲求を満たしたいんだろう


今だってこのブログだってきっとおんなじ

アクセス数を気にしている

見てくれる人がいて私は救われている

馬鹿みたいな話だ


だからきっと私は

セックス=必要とされる行為

なんていう認識があって

逆に求められないと私には価値がなくて魅力がないんだって思う


自分をすり減らして

相手に尽くしてきていたから

対等に立っていることはとてつもなく怖いし

不安だ


常になにかに不安を抱いてる

きっとそれは将来のこと

自分のこと

あの人のこと

たくさんある


だからいつだって助けを欲している

助けが欲しい

何か苦しい



stress

体重が4kgも増えた

引きこもりのくせに飯を食うからこうなる

運動量より摂取する方が勝ってしまっている

そしてまたストレスになり太るのだろう


私は昔から太っている

痩せている時期がほとんどない

いや、ない

ほとんどじゃない、ない


一番最近痩せてた時期は3年ほど前だった

144cm 49kg


今はめちゃくちゃ増えてて

何故か二週間で4kg増えた60kgになっていた


身長的にも15kgくらい落としたいものだ


最近他人との距離の測り方がわからない

初対面とか「はじめまして」の機会が増えてて

だけど、どうしたらいいかわからない

仲良くなりたいあまり近寄り過ぎてしまう

そして嫌われる

厳密にいうと嫌われているかはわからない

が、なんとなく距離を感じる


遊びたい、仲良くしたい、すきだ

なんて気持ちが強すぎるせいなのか

距離を詰めがちみたいな、そんな感じがしてしまう


でも後になって気づくことが多くて

「あー、またやってしまった」となる


最近はなんか、本当に、アーーー!ってなりやすい

精神的に落ち着いてきた方ではある気がするんだけど

やっぱり波はひどい


あとなんか、中学の同級生とばったり会うことが増えた

なんの縁なのかは知らないけど

でも、こんな私に

話しかけてくれるのは

純粋に嬉しい


どうして、人生はやり直せないんだろうな

きっと失った人は取り戻せない

取り戻せたところで以前と同じ関係になれるかと聞かれたら、それは無理な話だろう


だから最近は新しい人間関係を構築しようとしている

けどうまくいかない


自分から行動しなきゃいけないのに

行動力がない


ダメだ



無駄

どれだけ頑張っても

どれだけ努力をしても

見てもらいたい人が見てくれなきゃ

意味はないね。


それとも

頑張っている"つもり"なだけで

相手からしたら何も頑張っちゃいないのかもしれない


でも、だからって、

踏みにじるの?


どんどんどんどん積み重なって

嫌悪感は増して行き

重みに変わり

暮らしづらくなっている


話しかけられても返せなくなって

ただただ辛く

悲しく、苛立ち、

疲れ


もうどうすれば。


あの時から何もかもが変わった気がする

私の周りも、私も


私の心は疲れ切っている


波が激しく

溺れている


あなたに全部話したいのに

そんなことできなくて


助けて欲しいのに

多分どうしようもなくて


ねえ、どうしたらいい?


気付けば私はあの人のことを嫌いになっていた

嫌いな人と顔を合わせずとも

毎日過ごすというのは

なんて苦痛なんだろう


その人のためになんで私が

洗濯をしたり皿洗いをしたり

部屋の片付けやゴミの後片付け

子供の面倒まで見なきゃいけないんだろう


嫌いな人のために労力を使うのは

しんどすぎる。



私だけがいない街

どこか遠くへ行きたい


私もどこか遠くへ


実際には違う


この状況を打開したい


どうしたらいいのか何が正しいのか


努力をしたって見てもらいたい人に見てもらえなければ


認めて欲しい人に認めてもらえなければ


意味なんて、ないね


今やってることだって、本当に意味はあるだろうか


ただ、ただ、自分が


すり減っていく

「どうして間違ってしまったのかしら?」

「やっぱりどこかで後悔してるんだと思う」




「あの時こうしてればよかった、ああしてればよかったって、今更になって思うの。でももう過ぎた話。今更なのよ、本当に」


「私はね、もう戻れないんだなって。思うの。どうしたって意味はないんだ、ってね。」



『じゃあどうすれば良かった?』



「もっと」


『もっと?』


「なんでもない」



たまに身体がグラグラする

いや、たまにじゃない

最近頻繁に起きる


ベッドに横たわっていると、不思議な感覚に陥る

ふわふわ、グラグラ、落ちているような浮いているようなそんな感覚に


誰かが話しかけてくる


「どうして




真夏のピークが去った

お久しぶりです、こんばんは

世間一般ではもう涼しい季節だそうで

そんなの沖縄県民の私からしたら全く関係のない話題でした


ずっと色んなことを考えながら生活をしていますが、最近はゲームでのお友達が出来て少しは前向きになっている気がします


でも彼のおばさんのことで悩んだり

その娘のことで悩んだりなど

悩みが尽きるわけではありません。


「悩みがないことが悩みかなあ」とか

言ってみたい人生でした。


「そんなことない!」という人もいそうですけど、生まれる前にもう人生がある程度決まってる人間もいます

金銭的に裕福な家庭じゃない場合

負の連鎖は起きがちです


私や私の身の回りがそうで

どうしようもないことだらけで

でもそう言ったって「言い訳だろ」という人は一定数いますよね。

仕方ない、仕方ないことです


まぁそんなことはどうでもいいのです


今年の夏祭り、沖縄は(というか地元の夏祭り)10月1日にあります。

大丈夫、沖縄はまだまだ暑いです

10月頭ならクーラーつけてます


浴衣を新調しようか迷っているところです

時期も過ぎ、安くなっていることでしょう

旦那と一緒に浴衣を着て、花火を見に行きたいです。

小さくても幸せなことをたくさん作れたらなと、最近は思うようにしております


その時に

「最後の花火に今年もなったな」と、

思うとおもいます


真夏のピークはまだ去りません

もう少し